帝王切開で使用する麻酔について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
帝王切開で麻酔を受けている状態

麻酔の前に、胸に心電図用のシールを貼り、腕に血圧計を巻いて、指先にはお母さんの血液中の酸素飽和度をチェックするパルスオキシメーターという機械をつけて、麻酔をする直前のお母さんの状態を把握します。

麻酔方法は、手術日に意識がある局所麻酔(区域麻酔ともいいます)で、下半身だけに効く脊椎麻酔(正式には脊髄くも膜下麻酔といいます)を行うことが一般的です。

脊椎麻酔

脊椎麻酔では、手術台で横向きになってエビのように体を丸めて背中を突き出すようにした姿勢をとり、医師が腰からハリを刺して脊髄くも膜下腔というスペースに麻酔薬を注入します。
即効性があって、薬が入るとすぐに足元から暖かくなってくるでしょう。5分ほどすると下半身の傷みや、温度の感覚がなくなり手術ができる状態となります。

硬膜外麻酔

脊椎麻酔と同じ下半身にだけ効く局所麻酔には、無痛分娩で使われる硬膜外麻酔もあります。

脊椎麻酔と同じように横向きになりますが、注射針からではなく、腰から細いチューブを入れて、そのチューブから硬膜外腔というスペースに麻酔薬を注入します。
チューブを背中に固定して、薬を足すことで麻酔の効果が持続するので、手術後の痛みを抑えるのにも有効です。

ただし、最初に麻酔が効いていくるまで10~15分くらい時間がかかるので、手術後の疼痛を抑えるために硬膜外腔にチューブを入れておくことはあっても、手術は脊椎麻酔で行うことが多いでしょう。
すでに硬膜外麻酔で無痛分娩をしているときに緊急帝王切開となる場合以外は、硬膜外麻酔単独で帝王切開することは少ないでしょう。

麻酔薬注入後

脊椎麻酔、硬膜外麻酔で麻酔薬が入ったあとは、手術台の上で横向きから仰向けになります。医師は体をアルコール綿で触って、冷たさの感じ方を調べて、麻酔が効いている範囲を確認します。

腕や胸など上半身の感覚は変りませんが、下半身は冷たさと痛さを感じなくなっています。
もし、何らかの理由で麻酔の効きが不十分な場合は、しばらく待つか、痛み止めの注射をしたり、麻酔をやり直すこともあります。

なお、手術台で仰向けになっていると、大きくなった妊娠子宮がその下を走る大静脈を圧迫するので、心臓への血液の流れが妨げられて、血圧が下がってしまい、苦しくなってくることがあります。
妊娠中も仰臥位低血圧症候群といって、仰向けに寝ていると同じ症状になったことがあると思います。

そのときに左側を下に横向きになると良くなったかもしれません、それは大静脈が体の中心よりも少し右側を通っているからです。
手術が始まるまではそれと同じように、手術台を全体的に左側に傾かせて、子宮の大静脈への圧迫を和らげるようにします。

また、脊椎麻酔では、麻酔が効いてくると、血管が広がり血圧が下がります。
急に血圧が下がると気分が悪くなり、吐き気をもよおすことがあります。

このときには、血圧が上がる薬を注射します。また麻酔が上半身にまで効いてきてしまうと、呼吸をするのが苦しくなるかもしれません。
こうした状況でも、医師が状況をみて対応するので心配はありません。

帝王切開の手術中

局所麻酔では、お母さんの意識があって赤ちゃんの産声が聞こえますが、お母さんがショック状態になるなど、特別な場合は全身麻酔で帝王切開することがあります。
全身麻酔とは薬で眠ってもらい、全身の筋肉の緊張と痛みをとって、呼吸の管理のための太いチューブを気管から挿入する方法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*