出産後の退院

帝王切開後でも、経過が良ければ産後8日前後で退院となることについてはすでに述べました。では退院後のお母さんの体はどのように回復し、変化していくのでしょうか?

妊娠・出産によって変化した子宮や卵巣、軟産道は、一般的に産後約8週間で妊娠前の状態に戻ると言われています。
帝王切開の場合は、産後の回復がゆっくりめではありますが、経膣分娩の場合と特別な違いがあるわけではありません。

ですから、退院後のお母さんの体に関する一般的な内容は、出産施設で説明されるパンフレットや他の育児書を参考にしてください。

産後1ヶ月が経過する頃には体力も回復し、母乳分泌も増え、育児にもなれてきて、赤ちゃんとの生活リズムが整ってきます。
そこで産後1ヶ月を「床上げ」といって通常の生活に戻る目安とされています。
丁度この頃は母子の1ヶ月検診、赤ちゃんのお宮参り、親戚やご近所の方々を招いてのお披露目など、イベントが目白押しです。

ところで、経膣分娩のお母さんでも退院直後から出産前と同様に動いて、育児や家事を行うには無理があります。
日本では里帰り出産する人も多く、とくに初産の場合は実家で産後1ヶ月ほど過ごし、その前に体の回復をはかり、実母などのサポートを得ながら育児にも慣れていきます。

2人目以降の出産の場合は、上のお子さんの通園、通学の都合上、実母に自宅に来てもらってサポートしてもらうことも多いようです。
産後1ヶ月は休みたいときには休み、頼れる人がいる場合は頼って、無理をしないように過しましょう。

キルダケスリムはダイエットに使えるインナーです。
キルダケスリムの口コミ