再び妊娠したママ

帝王切開で出産したお母さんにとって一番関心があるのは、次はいつごろから妊娠して大丈夫かということではないでしょうか。

病院の医師、インターネット、そして帝王切開の先輩お母さんたちから、最低1年は妊娠しない方が良い、2年くらい空けるべき、いやあまり気にしなくていいなどと、色々な情報を得ているかもしれません。
実際にはどれが正しいのでしょう。

どのくらい空けるのが適切か

次の妊娠で、医学的に1番心配なことは、子宮破裂といって、手術で赤ちゃんを取り出すために切開して縫い合わせた子宮の傷が、次回の出産のときに割けてしまうことです。

帝王切開後に経膣分娩を試みることをTOLACと言いますが、TOLACでは早く妊娠すると子宮破裂のリスクが高まるので、病院では「2年空けてください」とよく言っていました。ただし、この2年という期間に明らかな根拠はありません。
しかも、次回のお産も帝王切開となっている今は、子宮破裂のリスクをあまり考えなくても良くなりました。

晩産時代です。2年も待たなければいけないの?という声も多いでしょう。2年経って妊娠を望んでも、すぐに授かるとは限りません。仮にすぐに妊娠したとしても妊娠期間を考えると3年ほど空くことになってしまいます。そうなると、もう1人は難しいちなるかもしれません。

出産後6ヶ月以降に妊娠した場合

手術での子宮の傷はほぼ1年で治癒します。
また、海外で行われたTOLACに関する大規模調査では、帝王切開後6ヶ月以内に妊娠した場合、次のお産での子宮破裂は約3%と3倍のリスクになりましたが、6ヶ月以降の妊娠ではリスクは高くなりませんでした。

とすれば、少し余裕をみて子供か1歳になってから妊娠すればTOLACを試みてもあまり心配はいらないということになります。

もう少し早く妊娠したい、あるいは妊娠してしまった場合はどうでしょう。病院や周囲からは色々言われるかもしれませんが、先の調査からも6ヶ月以降であればそれほど問題はないでしょう。

出産後6ヶ月以内に妊娠した場合

産婦人科で診察中
では6ヶ月以内はどうでしょう。手術後2~3ヶ月は排卵がないことが多いので、6ヶ月以内で妊娠することは少ないですが。生理が来ていなくても、排卵して妊娠する可能性はあります。
まだお子さんが欲しくない時は授乳をしていても、きちんと避妊をしておく必要があります。

ではもし6ヶ月以内に妊娠した場合どうでしょう。
たしかにTOLACでは子宮破裂のリスクは高まりますが、次回も帝王切開を選択すれば、子宮破裂の心配はあまりありません。

とすれば、40歳前後で初めて妊娠したお母さんで、できるだけ早く次の子を欲しい方は、半年空けてからが望ましいのにかわりありませんが、体と心の準備ができるまである程度の時間がかかること、妊娠を試みてすぐに授かるわけではないことを考慮すれば、次回も帝王切開ということを前提に、間は開けなくてもよいという考えもあるでしょう。